2008年06月26日

別居の原因となる事件・・・。

その事件とは・・・中3の長男の私への家庭内暴力です。

きっかけは些細なことです。

ここで詳細を話すと長くなりますので語ることは

しませんが例の鬼嫁の私への嫌がらせを端に始まった

事でした・・・。


ましてその当時私の勤める会社の廃業が決まっていて

家族全員がピリピリしていたのもこの事件の

大きな一因だったことはあります。


皆がピリピリの限界点だったのかな・・・?



万が一私がこの家に留まり続けることで息子を

犯罪者としてゲスなワイドショーの主役にさせる

ことがあってはそれこそ取り返しがつかなくなる。

それで私は家を出ることにし、実家の厄介になることに

しました。





子供は母親が好きです。

子供は母親は父親より弱いと考えています。


それは私も子供時代を思い返せばよくわかります。

私も子供時代に父が浮気をしていたと言う記憶があります。

母にあちこち連れていかれたような断片的な記憶は

うっすらのこっています。


でもその当時、わたしはまだ5,6歳ですから自分の考えを

言葉や行動で表す術すら知らない年齢でしたから・・・。



子供に罪はありません。

わかります。

すべては私と鬼嫁が責任をおうものです。


しかし何年も前の一度の浮気だけを理由に1000%私が

悪いと言う鬼嫁の言い分を私は認められません。

あれだけの仕打ちをされたら・・・絶対に。


次回いよいよ調停での直接対決のお話です。













posted by 次郎 at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

その後の鬼嫁は・・・

彼女への慰謝料請求から2年が経っていました。

この2年は完全なる仮面夫婦の2年間であり

「子供の両親」としての役割をただこなした2年間でした。

子供たちも毎日の両親の様子をみていればこの状況は

言葉にせずとも十分察していたと思います。


鬼嫁の行動もだんだんエスカレートして行き、私も我慢の限界に

達してきていました。


「私が書いた年賀状だけ捨てて投函しない」

「私の実家には年に一度も顔をださない(徒歩3分)」 

「私の給料の差し押えを会社に訴えにいく(今までと同じ金額を家計に

 入れているにもかかわらず)」 

「私に一言も告げず2泊3日のディズニーランド」

(帰ってきてから初めてどこのいっていたのか子供に聞きました)

「私には息子の受験先をなんど聞いても一切教えない」

まだまだ切りがありませんがばからしいのでこのくらいに

しますが・・・。


そんな矢先ついに別居の直接的な原因になるショッキングな

事件が起こってしまいました・・・。



posted by 次郎 at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼嫁のデビュー戦・・・

それからほどなくして彼女と鬼嫁の調停が始まりました。


わたしの率直な感想は以前から性交渉を拒否しておきながら

よくもまー離婚する覚悟もないのに相手方に慰謝料請求なんて

するね〜ってのが感想でした。


調停は私の場合もそうでしたが一か月強に一度のペースで

行われるようです。

3回ほどの調停の後微々たる慰謝料で解決したそうです。


目的は「罰をあたえてやりたい」「懲らしめたい」「私の方が正しい」

と思い知らせるのが目的だったようです。


調停員も自分で慰謝料の請求の訴えを起こしておきながら

一向に自分から金額の提示もせず、「あの子はわるい」「私と子供はこ

れほど傷ついた」しか主張せず具体的な話し合いを進める気のない

鬼嫁に呆れていたようです・・・。


この「相手だけを糾弾し、悲劇のヒロインを虚言をまじえながら演じ、

自ら妥協点をみいだそうとしない」

鬼嫁のこの性質はこれからお話する私との離婚調停でもいかんなく

発揮されることになるのですが・・・。


posted by 次郎 at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

一通の封書・・・。

知らない名前からの一通の封書・・・。

いかにも事務的なゴム印で住所、名前、電話番号が

押されていました。

 
でも僕は以前にも似たような、同じ住所からの封書を

見たときが過去にありましたからすぐにわかりました。


これは家裁からの調停の呼び出しだなと・・・。


なぜすぐに判ったかと言うと4年前ほど前に当時

付き合っていた彼女(浮気相手)から見せられたことが

あったからです。

その申し立ての内容は鬼嫁から彼女への「慰謝料の請求」でした。

その時はたぶん鬼嫁も給料をきちんと持ってくる僕に

まだ存在価値を感じていたのか彼女に対してだけの

慰謝料請求でした。

離婚する気がないのに浮気の相手方に慰謝料を請求する

のは珍しいケースのようですが・・・。


どうやら鬼嫁の調停好きはこの時から

芽生えたようです・・・(ミ ̄ー ̄ミ)


ラベル:家裁 浮気
posted by 次郎 at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

まず初めに・・・。

これから書いていくことは僕こと次郎が

実際に体験した、いや・・・今だ体験途中の

鬼嫁との戦いの記録です。

まだリアルタイムで進行中ですので

私にも結果なんてわかりません。


ただ戦い続けるのみです。


それは見ず知らずの人からの

一通の封書が届いてからすべてが始まりました。

posted by 次郎 at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。