2008年06月06日

その後の鬼嫁は・・・

彼女への慰謝料請求から2年が経っていました。

この2年は完全なる仮面夫婦の2年間であり

「子供の両親」としての役割をただこなした2年間でした。

子供たちも毎日の両親の様子をみていればこの状況は

言葉にせずとも十分察していたと思います。


鬼嫁の行動もだんだんエスカレートして行き、私も我慢の限界に

達してきていました。


「私が書いた年賀状だけ捨てて投函しない」

「私の実家には年に一度も顔をださない(徒歩3分)」 

「私の給料の差し押えを会社に訴えにいく(今までと同じ金額を家計に

 入れているにもかかわらず)」 

「私に一言も告げず2泊3日のディズニーランド」

(帰ってきてから初めてどこのいっていたのか子供に聞きました)

「私には息子の受験先をなんど聞いても一切教えない」

まだまだ切りがありませんがばからしいのでこのくらいに

しますが・・・。


そんな矢先ついに別居の直接的な原因になるショッキングな

事件が起こってしまいました・・・。



posted by 次郎 at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。